タグ:birds&animals ( 3 ) タグの人気記事


2015年 12月 14日

Tidbinbilla Nature Reserve

キャンベラで一番のお薦めスポットは?と聞かれたら迷わず応える場所がここ!

Tidbinbilla Nature Reserve
e0187710_8292454.jpg

キャンベラに二つある国立公園のウチの一つで、引っ越して来てすぐの頃に
知人に教えて頂いて行ってみたら、素晴らしい場所。

年パスを買って、お天気が良い週末はしょっちゅう通っています~(^^)/
e0187710_8304168.jpg

ゲートで年パスをかざして入場したら、広~い敷地内を転々としながら車で移動するシステム。
ビジターセンターに小さな売店があるだけなので、必ずランチとおやつ持参です!(^^)
e0187710_834382.jpg

今まで長く撮りだめてきた写真を適当にピックアップして使っているので、
出てくる写真の季節や洋服の順番がおかしな所がありますがご了承ください(^^)


ここの見どころは、なんといってもキャンベラの雄大な自然を感じられるところ。
e0187710_8365040.jpg

市内中心部から小一時間のドライブ。山道を登りながら、周りの景色が変化していきます。
本当に雄大な風景が気持ちいいんだなぁ♪

ここで出会える野生の動物としては、やっぱりカンガルー!あとはワラビー。
野生のコアラも居るはずなんだけど、残念ながらまだ会えてなくて、、、
e0187710_8384038.jpg

柵で囲われている場所で保護されているコアラには、いつでも会いに行けますよ(^_-)

娘のお目当ては、どこへ行っても動物より遊具!(笑)
e0187710_839413.jpg

ここにも面白い遊具がいつくかあるので必ず1時間はそこで一緒に遊ばされ、
気が済んだところでランチタイム。

敷地内にはBBQテーブルが沢山あって、冬は閑散としていましたが、暖かくなってきた最近の週末は
オージーの皆さま楽しそうに焼いています!
e0187710_840132.jpg

ただ、芝生に動物たちの(主にカンガルー)の糞がものすごく沢山で。(踏まないと歩けないので最近はもう慣れました^^;)
あとはハエもすごい~!!
なので我が家はゆっくり食事を楽しむ気にはなれず、いつもサクッとサンドウィッチで済ませています。

さぁ、お腹が一杯になったら、今日もあの子に会いに行こう❤

Platypus=カモノハシはオーストラリアにしかいない珍しい哺乳類で(哺乳類なのに卵を生みます)
オーストラリアだからって、どこにでもいるわけではなく、私が知る限りシドニーの水族館と
ここTidbinbillaだけ。しかもこちらは野生です。
e0187710_8404161.jpg

                                                      画像お借りしました。(__)

敷地内の池に、2~3匹いるらしく、皆さん池の畔で静かにカモノハシウォッチング!
人を警戒して、なかなか水面に顔を現さないので、会えたらとってもラッキーなんです。
e0187710_8421654.jpg

ピッカピカのこんなお天気のこんな場所で、双眼鏡片手に息を潜め
時間を気にせず小さな生き物を待っている時間がなんとも非日常で贅沢。。。
東京での気忙しい暮らしに戻れるだろうかと心配です。(笑)
e0187710_8441320.jpg

シンボルマークの大きなくちばしが見えたら、ギャラリー一同大喜び(^^)/
みんな今日は何かいいことあるかも!?
でも、写真に撮るのは至難の業で…皆さん、なんとなくそれっぽい形がわかりますか?^^;
e0187710_8451671.jpg

Platypusに満足したら、目線を池の上の方に移して、敷地内に沢山いる様々な鳥を観察するのも楽しいです。
e0187710_8464996.jpg

「あ、この鳥初めて!」と思ったら、キャンベラに住む鳥をすべて網羅したこの素晴らしい図鑑で名前をチェック。
e0187710_851585.jpg

お散歩が更に楽しくなります♪
バードウォッチングが趣味な人にとっては、これほど楽しい場所はないんじゃないかな(^^)/

さぁそろそろ帰ろうか~!で、最後に一応カンガルーもチェック。
こちらに暮らしてから、なんだかもうすっかり見飽きてしまった感じのカンガルーですが
この日は初めてお母さんのパウチに入っているベイビーカンガルーを見ることが出来ました♥
e0187710_853216.jpg

大興奮で写真を撮っていたら、そこへ野生のエミューまで近づいてきて、びっくり仰天!(笑)
e0187710_8551323.jpg

行けば必ず会える動物園とは違って、偶然出会えたらラッキー♪なこの場所は
全然収穫がない日もありますが^^;なんともスリリングで楽しい場所なのでした。
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-12-14 09:27 | 日々の暮らし | Comments(4)
2015年 06月 05日

Koala Park Sanctuary@Sydney

シドニーからキャンベラへ戻る日は、こちらに寄り道♪

Koala Park Sanctuary
e0187710_9524633.jpg

シドニー中心部から車で北へ30分程。

キャンベラにも真近でコアラを見られる公園はあるのですが、
触ることができるような施設はないので、シドニーでコアラに触ってみたかったのです。(^^)/

シドニーのあるNSW州では、法律でコアラの抱っこは禁止されているので、
残念ながらお触りだけ。(笑)抱っこは出来ません。

シドニーで有名な動物園というとTaronga Zooがありますが、
こちら在住の方のブログで、こちらの動物園の方が人が少なく穴場で、
短時間で回れてゆっくりコアラと触れ合えると聞いて行ってみました(^^)/

午前10時半着。
9時から開園しているわりに、本当に人の気配がない。(笑)

一瞬臨時休園かとびっくりしましたが、ちゃんと開いていました。

入園料は結構いいお値段します。
e0187710_9535696.jpg

オーストラリアはこういう施設の入園・入場料がとても高いです。

すぐに園内を一周回れちゃうようなこじんまりとした広さで、
コアラとカンガルー以外には特に目玉の動物はいませんが^^;鳥が園内をの~んびりお散歩していたり、
飼育員さんたちと動物、鳥たちとのアットホームな雰囲気を感じられる動物園。
e0187710_9552196.jpg

ただいまリトルペンギンのご飯の時間。
e0187710_9554596.jpg

この女性の飼育員さんがこの日の当番だったのか、順番に動物たちの場所を巡っては餌やりと
ゲストたちへのガイドをして下さいました。

お次は売店で売っていた餌を買って、カンガルーに「ハイ。どうぞ(^^)/」
e0187710_9562053.jpg

キャンベラの「Tidbinbilla」という国立公園にも野生のカンガルーが沢山いて結構近くで見ることができますが
ここまで人に慣れておらず、数メートル位は距離感が必要なのに
さすが動物園のカンガルーたちは人間慣れしていて、こんなふうに餌をあげられるなんて驚き!
ダラーっと警戒心ゼロでくつろいでいる周りのカンガルーを見てね!(笑)
e0187710_9582116.jpg

なんだかカンガルーが段々と犬のように見慣れた存在になってくる贅沢。
e0187710_959463.jpg


平日ということもあって、この日のゲストの数は数えられちゃう位少なかったのに、
GWを利用して日本からやってきたご一家に遭遇!日本の方に会うの久しぶりで感激~!!(笑)

娘より少し年上の、とっても人懐っこい男の子が娘と沢山遊んでくれて
途中から一緒に園内を周り、餌やりも一緒!
オーストラリアが好きで、ここに来るのも2度目で、今回はウルルにも行って、
途中まで自分の足で登れたよ!と教えてくれました。(^^)/

そしてこの日の1番の目的はコアラ!
e0187710_1012435.jpg

1日に4回、飼育員さんの餌やりの時間に、ゲストがコアラと触れ合うことができます。
私たちは11時45分の回と、14時の回に2回参加。

先ほどの女性の飼育員さんがコアラにユーカリをあげながら少し説明をしてくれて、
その後扉を開けてコアラのスペースにゲストを順番に入れてくれ、抱っこはダメだけど、
撫でるのはOK!(笑)写真を撮ってから次のグループに譲る…みたいな感じで進みます。
10人にも満たないゲストなので、みんなのんびりコアラと触れ合えて、入園料以外に余計な費用もかかりません。

東京の動物園で見るコアラは、私が行くと大抵木の上で寝ているので
活動しているコアラを見るだけで可愛くて新鮮♪
e0187710_1022078.jpg

e0187710_103559.jpg

e0187710_1032018.jpg

e0187710_1027166.jpg

コアラを抱っこしたことのある友人たちから、案外コアラは臭いとか、爪が痛いから気を付けてとか
言われていたけど、とにかく可愛らしさで舞い上がっていたというのもあって、
ただただ縫いぐるみみたいに可愛い!の一言。

次はもっと注意深くコアラを観察する余裕をもって臨みたいところです。(笑)

ず~とお世話になった飼育員さんが帰り際「ようこそ、ありがとう!」と日本語で話しかけて下さって感激!
しばし手を握り合いながら自己紹介をしました。

シドニー中心部から、電車とバスを乗り継げば旅行者でも来られる場所なので
のんびり、しずかにコアラと触れ合いたい!という方には穴場の動物園です。

私もまたこちらに居る間に、必ず行こうと思っています。
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-06-05 10:30 | Sydney 2015 autumn | Comments(2)
2015年 04月 15日

お散歩がexcitingすぎる!

Canberraに暮らし始めて思うのは、1日の寒暖差が激しいということ。
e0187710_20443611.jpg

秋が深まって、徐々に冷え込んできた最近、朝晩は気温3~4度位まで下がりますが
日中はお天気が良いと強い日差しが照り付け、25度位まで上がる日もあります。
曇りの日はそれほど暑くはならないので、日差しがあるかないかは重要です。

昨日はセーターを着たのに、今日は長袖のTシャツ1枚でok!なんて
季節ごとにおおよそ気温が一定の日本と違って面白いものです。

私たちの住むflatは、大学のキャンパス内にあります。

広大なキャンパスは迷路になりそうな位の広さで、方向感覚ゼロの私には
おそらく帰国までに全貌を理解することは無理そうですが、
キャンパス内に住むというなかなか不思議な経験を楽しんでいます。

Canberra自体が小さな街ですが、その中心に住んでいるので、
どこに行くにも車で10分~15分あれば行けてしまうのは本当に便利!
生まれ育ったのも、そして現在の東京の自宅も、場所は違ってもそれぞれ東京のハズレの身にとっては
街の中心部に住める!という突然の贅沢な環境に、すっかり舞い上がっております。(笑)

そして街の中心部だというのに、キャンパス内は本当に緑が豊か!
毎日のお散歩が、何よりの楽しみになりました。
e0187710_20451314.jpg

時間を見つけては、お散歩お散歩!

キャンパス内には可愛い野ウサギが沢山。
e0187710_20584750.jpg

でも、近づくと逃げてしまうから、そ~っとそ~っとね!(^^)

野生のオウムも可愛いんです♪
e0187710_211519.jpg

いつも同じ場所に仲間で集まっていて、そこに行くと必ず会える。
ゆえにオウム広場と勝手に命名。(笑)

名前を知らない、鮮やかな色の綺麗な鳥も沢山。
e0187710_212252.jpg

キッチンの窓にふと目をやると、外の枝にとまっていたり。
e0187710_2122371.jpg

なんて贅沢!

今度図書館で図鑑を借りて、この地域にいる鳥の名前をちゃんと調べてみようと思います。

Lake Burley Griffinも一部が大学の敷地内です。

湖の畔を歩いていたら、黒鳥がスーっとやって来て、突然陸に上がって来たからびっくり!!
e0187710_2154418.jpg

すごく人懐こくて、というか餌が欲しいのもあるのだろうけど接近してくるので怖い。(笑)
e0187710_218099.jpg

こんな風に囲まれたら、思わず餌をあげたくなっちゃうね。すごく愛嬌のある鳥です。
e0187710_2182556.jpg

今日も雨上がりの中、黒鳥に遭遇!
e0187710_2191378.jpg

いつもの場所よりさらに土手を上がって来ていて、車道ギリギリ!
車にひかれないかと冷や冷やしちゃう!黒鳥の他にもいつもはこんなところに居ないオウムや
鴨の軍団も総出演で、娘大興奮でした。(笑)

生憎の曇り空の中でのお散歩も、一瞬パーっと日が差すと、湖はこんなに美しい。
e0187710_21122752.jpg

鏡のような水面。
こんな時間に一人静かにカヌーに乗っている人の人生に思いを馳せてみたり。

毎日毎日充実した時間を過ごしています。
緊張したり、思うようにできず落ち込んだり、嬉しかったり寂しかったり面白かったり。

頑張った1日のお楽しみは夜のワイン。
e0187710_21145257.jpg

手軽な値段で買えるロゼの種類がとっても多いので楽しい!

この日はA$7~13位まで3本買いました。
正直食事にはあまり合わない気がするロゼですが、綺麗なピンク色には心躍ります。(uu*)
娘が寝た後、一人静かにPCに向かいながら、少しづつ飲む時間が最高の贅沢です。
いつかCanberraのワイナリー巡りもしてみたいな!

少しづつ、こちらの暮らしを楽しむ気持ちの余裕が出てきました。
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-04-15 21:34 | 日々の暮らし | Comments(8)