タグ:Sydney* attraction ( 6 ) タグの人気記事


2016年 03月 04日

3世代旅行@Sydney その④ Blue Mountains National Park.

++2016年1月の3世代Sydney旅行のレポ、のんびり更新中です。++

滞在3日目は、1日レンタカーを借りてブルーマウンテンズまで出掛けてみました。

2000年に世界自然遺産に登録された国立公園。やはりこの景色はみんなに見てもらいたかった!
私は去年の8月(冬)に訪れて以来の再訪です。

朝食を食べずにホテルを出発して、少々渋滞にはまりながら1時間半強で現地に到着。

シドニーでの不慣れな道&初めての大型の車の運転で、義母は終始「大丈夫か!?」と夫を心配して
手に汗握っていましたが(笑)結果は往復とも何事もなく8人で賑やかに楽しいドライブでした。

まずは遅めの朝ごはんを現地のカフェで。
e0187710_1929656.jpg

外の席に座ると、見事な景色を楽しみながら休憩できます。
こういう場所でも、日本のように混まずに、スムーズに座れるところがオーストラリアの良いところ!

腹ごしらえをしたら、Three Sistersへと向かいました。
e0187710_19322054.jpg

お天気も良く、この日も見事な景色!

気分爽快~!

そしてこの後は、前回ここを訪れた時に気になっていた、赤マルで囲んだ場所まで
徒歩で歩いてみることに!
e0187710_19332820.jpg

3姉妹の長女?(笑)の岩壁までは、徒歩&急階段で辿りつくことができます。
前回この場所から写真を撮っていて、豆粒のような大きさの人影がここにあることに驚いて、
チャンスがあれば次回!と思っていたのです。

狭くて急勾配の階段の上り下りは大変。前を歩く義父を見守りながらゆっくり進みます。
e0187710_19375215.jpg

73歳の身にはかなりの体力を消耗したようですが、良い冥途の土産が出来たと
素晴らしい景色を見て達成感で嬉しそうでした。(笑)
e0187710_19413573.jpg

展望台からこっちを見ている人達と手を振りあって楽しそう。(*^-^*)

ここがゴール、長女の岩壁の窪みです。
e0187710_19402223.jpg

5歳の姪と6歳の娘も自分の足で頑張って辿りつきました。
e0187710_19423076.jpg

何もかもが雄大!いつでもどこでも地面にゴロンと座って楽しめて、東京暮らしとはやっぱり何かが明らかに違うのです。

***

ブルーマウンテンズの後に動物園にも立ち寄る予定だったので、
今回は滞在時間を短くScenic Worldには立ち寄りませんでした。

前回高い入場料を払ってスカイウェイやレイルウェイに乗ってみましたが、短い時間ではもったいないと思ったのでパス。
短時間のブルーマウンテンズ観光なら、私個人としてはThree SistersKings Tablelandの景色を見られれば十分だと思います。

今回残念だったのは、このあと立ち寄ったKings Tablelandが山火事の影響で閉鎖されていて入れなかったこと。
(2016年の2月から再開されたようです!)ここからの景色は本当に絶景なので、両親にも見せてあげたかった。。。

私としてはもう一度断崖絶壁に座って()今度は夏バージョンの写真を撮ろうともくろんでいたのに叶わず残念でした。

ユーカリの木から発散される油分で青く煙る山々。
さすが世界遺産と納得させられる美しい景色は、シドニーに来たら立ち寄ってみる価値ありの場所です。
[PR]

by hana_aloha2 | 2016-03-04 20:42 | Sydney 2016 summer | Comments(2)
2016年 02月 05日

3世代旅行@Sydney その③ Manly Beach

シドニー二日目は、サーキュラーキーからフェリーに乗って、Manly Beachへと出掛けました。

オーストラリアの海で泳ぎたい、という家族のリクエストで、どこのビーチにしようか悩みましたが
海だけでなく、往復のフェリーからの景色も楽しめるということで、このビーチに。

往路と復路とそれぞれ撮った写真が混ざっていますが、私たちも初めて乗ったフェリーは
船内で乗り合わせた人達とのおしゃべりや、周りに広がる美しいシドニー湾の景色が素晴らしく
なんとも贅沢な移動時間(uu*)
e0187710_946885.jpg

e0187710_947465.jpg

e0187710_95065.jpg

e0187710_9502647.jpg

約30分で、Manlyワーフに到着です。

埠頭からビーチまでは、レストランやショップが立ち並び、歩いて10分程で正面に綺麗な海が見えてきます。
e0187710_9505097.jpg

ビーチの両サイドの斜面に、家々が立ち並んでいる風景はボンダイビーチに良く似ている気がしました。
e0187710_9523850.jpg

e0187710_9525722.jpg

この写真では穏やかな波打ち際に見えますが、ボンダイ同様波が高く、遊泳できるエリアは限られていて、その他はサーフィンだけ。

来てみるまでわかりませんでしたが、小さい子供向けのビーチとしてはちょっと不向きかも。
子供たちは段々と波に慣れてはきましたが、浮輪を付けてプカプカ…という感じではないので
結局早々にメインは砂遊びになりました。^^;

次々押し寄せる波が、Manly(男らしい)という名前にぴったりな印象を受けます。

泳ぐというよりも、みんな波打ち際からすぐの辺りに並んで立って
次々押し寄せる波をジャンプしている光景はなんとも面白く、私たちも子供たちと手をつないで年甲斐もなくジャンプ・ジャンプ!
それはそれでなかなか楽しい時間でした。(^^)
e0187710_9531412.jpg

[PR]

by hana_aloha2 | 2016-02-05 10:02 | Sydney 2016 summer | Comments(4)
2015年 08月 19日

Blue Mountains National Park.

シドニーから西へ約70キロの場所にある、ブルーマウンテンズ。
e0187710_8472638.jpg

2000年に世界自然遺産に登録された国立公園です。

オーストラリアの東海岸沿いに約4000キロにも渡って連なる山脈の一部で、
キャンベラまでもその峰が続いていると知って驚きました!

シドニーから車で1時間半。
シドニー発着のツアーもありますが、車があれば個人でも問題なく日帰りで散策を楽しめます。

まずは断崖絶壁からの眺めが美しいと聞いたKings Tablelandという場所へ。
e0187710_8491494.jpg

見事な景色が広がっていました。

Blue Mountainsという名前の由来は、沢山のユーカリの木から発散される油分が
太陽の光に反射して青く見えるからなんだそう。

本当に青いんです!神秘的☆

私の写真ではとてもお伝えきれないけれど、この景色はシドニーを訪れたら見ておく価値はあると思います。

たまたま日本人ツアーのグループの皆さんがやって来て、何やら目を瞑ったまま1列で進んできたと思ったら…
e0187710_8501018.jpg

ガイドさんが「ハイ!じゃぁ、クルっと振り返って下さいね!まだ目は開けないで!」
e0187710_8503416.jpg


「ハイ、じゃぁ、せ~の!で開けていいですよ。せ~のっっ!!」
e0187710_8513424.jpg

そしてみんな一斉に大歓声。(^^)/こちらまで、楽しい気分のおすそ分け頂きました。
了解を得て、写真を撮らせていただきました。

そしてこの丸印で囲った場所が、一番鋭く宙に突き出ている部分なのですが…
e0187710_8523521.jpg

ここに座ってみましたよ!(^^)/
e0187710_8524873.jpg

さっきのグループの皆さんが、一人づつ楽しそうに挑戦していたので、せっかくだから記念に私も!

下を見ると吸い込まれそうに深く、車がさかさまに何台か落ちてたり( ゚Д゚)

日本だったらこんな場所に何の柵もないなんて考えられませんよね。(笑)

動き回りたい盛りの小さなお子さんを連れている場合は、ここは絶対来ない方がいいと思います!!
私たちも娘は大人3人でしっかり見守って連れ歩きました。

でも、空にぽっかり浮かんでいるかのような気分は、怖さよりも不思議ととても楽しかったんです。

何度も何度も深呼吸~072.gif

その後は途中のカフェでランチを済ませて、一番のビューポイント、
ブルーマウンテンズの象徴と言われるThree Sistersへと向かいました。
e0187710_8552864.jpg

3つのピークを持つ崖。その名前の由来はアボリジニの伝説、美しい3姉妹のお話から来ています。
e0187710_8572635.jpg

私たちは行けなかったのですが、一番左側のピークまで歩いて行くこともできるよう!
展望台から人の姿が見えました。

雄大な景色と、鬱蒼とした木々の上に映る雲の影が、とても美しかったです。
e0187710_911236.jpg

その後は3つの乗り物に乗って、素晴らしい景色を楽しめるScenic Worldへ。
e0187710_1012461.jpg

ticketは1日有効で乗り放題。そしてウォーキングルートも充実しているので
ここだけでも1日十分楽しめそうでした。

スカイウェイ
e0187710_942278.jpg

中心部分のみ床がガラス張りなのですが、沢山のゲストの足に隠れ&強化ガラスでそれほど透明ではないので(笑)そこはイマイチ。

レイルウェイ
e0187710_95464.jpg

勾配が急で、結構スリリング!

そして写真は撮れなかったのですが、もう一つケーブルウェイと呼ばれるロープウェイからの眺めも素晴らしかったです。

今回は夜にシドニーで食事の予約を入れていたので、帰りの渋滞も考慮して
午後4時前にはブルーマウンテンズを発ったのですが
他にも沢山の見どころがあるので、ブルーマウンテンズに宿をとって散策をしても面白そうでした。

お天気が悪いと、Three Sistersが雨や霧で覆われてしまい、まったく見えないこともあるらしいので、
直前の天気予報をチェックしてから、予定を立てるのがいいと思います。
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-08-19 09:24 | Sydney2015latewinter | Comments(2)
2015年 06月 10日

Vivid Sydney 2015!!

6月8日はQueen's Birthdayで祝日だったので、3連休を利用してまたシドニーに行ってきました!

ちょうどシドニーの街はVivid Sydneyという、イベントの最中。
e0187710_9331659.jpg

毎年5月末から6月あたまにかけて開催されるもので、シドニーの夜が華やかなイルミネーションで彩られます。
南半球最大のイベントともいわれるのだとか!今年は5月22日から6月8日まで開催されました。

段々と辺りが薄暗くなる夕方5時半頃から少しづつ街が色付いていって…♪
e0187710_9335843.jpg

午後6時!沢山の人で埋め尽くされたシドニー湾は一斉にライトアップ!!
e0187710_9352678.jpg

なんだかブレブレ&レンズにごみ^^;のひどい1枚しかないのですが…
オペラハウスもプロジェクションマッピングで様々な表情に変化します。
e0187710_937690.jpg

当たり前ですがこんな写真じゃなく実際に見ると本当に綺麗~~!!

サーキュラー・キーの駅もキラキラ!
e0187710_939452.jpg

街中が華やかな光りに包まれ、盛り上がりは最高潮です(^^)/
e0187710_9405436.jpg

そして沢山の出店も並んでいて、すごい人出!
e0187710_9413275.jpg

みんな思い思いに食べ物や飲み物を買って、家族・友人、そして恋人と
いつもとは違う夜のシドニーの雰囲気を楽しんでいました。

トンネルの天井に映し出された映像を見るために、道路にそのままゴロ~ンなシドニーっ子!
e0187710_9415091.jpg

おおらかな国民性が表れているなぁと面白かったです。

そしてわが娘の心を鷲掴みにしたのが、このキラキラしたsword!
e0187710_942379.jpg

「絶対に買ってくれ!オーストラリアの学校で私は今英語しゃべれなくて大変な目に合ってるんだから
これくらい買ってもらって当然だ!」と駄々をこね
妻にも娘にも「No!」と言えない可哀想な夫が買ってあげちゃった!!(笑)

お値段、驚きの15ドル!!(約1,500円)高すぎだろ~。さすがオーストラリア!
でも、大体それくらいだろうな…と段々とこちらの物価の高さに慣れてきている自分が怖いです。^^;

本人、顔を公開したいくらい満面の笑み!学校、頑張るんだよー!!
e0187710_9425816.jpg

私がカメラを構えると、同じように自分も写真を撮ってご満悦。(手前の黒い影!)
e0187710_9431368.jpg

やることなすこと私にそっくりな娘に、製造責任を感じる今日この頃です。^^;

出店でちょこっと買い食いはしたんだけれど、ビールだけは飲まずにここまで我慢!!
e0187710_944199.jpg

The Lord Nelson Brewery Hotel 再訪!
前回の昼間とは違って、夜、しかもお祭りの最中とあって、店内は大賑わい!
e0187710_9445295.jpg

テーブル席はすべて埋まっていて、子連れでカウンターはちょっと場違いかな…と諦めようとしたら
トントンと背中をたたかれ、テーブルを譲ってくださったオージーの男性たちが!!

まだグラスの半分位残っていたエールをゴクゴクっと飲み干して、ここにどうぞって言ってくれた!
なんて優しいんだろう。。。(泣)

オーストラリアの人たちの根っからの親切な人柄、困っている人がいたら
手を差し伸べるのが当たり前なところには本当に感動します!
ついつい自分に都合の良いように、と考えがちな最近の自分をつくづく反省!!見習わなくっちゃ!!

活気があって、店員さんもとっても親切!雰囲気も良く何よりビールが美味しい!!
やっぱり最高のパブです♥
ドレスアップした私よりもウンと年上の女性たちが、こういう場所で品良くお酒を飲んでいる姿も
日本では見慣れないいい光景だなぁ(^^)/と憧れます。

駆けつけ2杯!&Fish&Chipsを頂いて、私たちもササっと次の方に席を譲りました。

ほろ酔いでサーキュラー・キーの駅まで戻り、電車に乗ってダーリングハーバーまで移動。
午後9時からのlight showを見て、非日常な夜遊びは終了。
e0187710_9495737.jpg

e0187710_9514765.jpg


直前に上がった花火は残念ながら間に合わず…ビール1杯でやめときゃよかった~(>_<)


冬と言ってもキャンベラよりも大分暖かいシドニーの夜は全然寒くなく、快適に街歩きが楽しめます。

人よりもcockatoo(インコ)の数の方が多いようなキャンベラ暮らしから抜け出て、
vividカラーに包まれたシドニーの夜を満喫!良い気分転換になりました。(^^)
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-06-10 10:05 | Sydney 2015 winter | Comments(8)
2015年 06月 05日

Koala Park Sanctuary@Sydney

シドニーからキャンベラへ戻る日は、こちらに寄り道♪

Koala Park Sanctuary
e0187710_9524633.jpg

シドニー中心部から車で北へ30分程。

キャンベラにも真近でコアラを見られる公園はあるのですが、
触ることができるような施設はないので、シドニーでコアラに触ってみたかったのです。(^^)/

シドニーのあるNSW州では、法律でコアラの抱っこは禁止されているので、
残念ながらお触りだけ。(笑)抱っこは出来ません。

シドニーで有名な動物園というとTaronga Zooがありますが、
こちら在住の方のブログで、こちらの動物園の方が人が少なく穴場で、
短時間で回れてゆっくりコアラと触れ合えると聞いて行ってみました(^^)/

午前10時半着。
9時から開園しているわりに、本当に人の気配がない。(笑)

一瞬臨時休園かとびっくりしましたが、ちゃんと開いていました。

入園料は結構いいお値段します。
e0187710_9535696.jpg

オーストラリアはこういう施設の入園・入場料がとても高いです。

すぐに園内を一周回れちゃうようなこじんまりとした広さで、
コアラとカンガルー以外には特に目玉の動物はいませんが^^;鳥が園内をの~んびりお散歩していたり、
飼育員さんたちと動物、鳥たちとのアットホームな雰囲気を感じられる動物園。
e0187710_9552196.jpg

ただいまリトルペンギンのご飯の時間。
e0187710_9554596.jpg

この女性の飼育員さんがこの日の当番だったのか、順番に動物たちの場所を巡っては餌やりと
ゲストたちへのガイドをして下さいました。

お次は売店で売っていた餌を買って、カンガルーに「ハイ。どうぞ(^^)/」
e0187710_9562053.jpg

キャンベラの「Tidbinbilla」という国立公園にも野生のカンガルーが沢山いて結構近くで見ることができますが
ここまで人に慣れておらず、数メートル位は距離感が必要なのに
さすが動物園のカンガルーたちは人間慣れしていて、こんなふうに餌をあげられるなんて驚き!
ダラーっと警戒心ゼロでくつろいでいる周りのカンガルーを見てね!(笑)
e0187710_9582116.jpg

なんだかカンガルーが段々と犬のように見慣れた存在になってくる贅沢。
e0187710_959463.jpg


平日ということもあって、この日のゲストの数は数えられちゃう位少なかったのに、
GWを利用して日本からやってきたご一家に遭遇!日本の方に会うの久しぶりで感激~!!(笑)

娘より少し年上の、とっても人懐っこい男の子が娘と沢山遊んでくれて
途中から一緒に園内を周り、餌やりも一緒!
オーストラリアが好きで、ここに来るのも2度目で、今回はウルルにも行って、
途中まで自分の足で登れたよ!と教えてくれました。(^^)/

そしてこの日の1番の目的はコアラ!
e0187710_1012435.jpg

1日に4回、飼育員さんの餌やりの時間に、ゲストがコアラと触れ合うことができます。
私たちは11時45分の回と、14時の回に2回参加。

先ほどの女性の飼育員さんがコアラにユーカリをあげながら少し説明をしてくれて、
その後扉を開けてコアラのスペースにゲストを順番に入れてくれ、抱っこはダメだけど、
撫でるのはOK!(笑)写真を撮ってから次のグループに譲る…みたいな感じで進みます。
10人にも満たないゲストなので、みんなのんびりコアラと触れ合えて、入園料以外に余計な費用もかかりません。

東京の動物園で見るコアラは、私が行くと大抵木の上で寝ているので
活動しているコアラを見るだけで可愛くて新鮮♪
e0187710_1022078.jpg

e0187710_103559.jpg

e0187710_1032018.jpg

e0187710_1027166.jpg

コアラを抱っこしたことのある友人たちから、案外コアラは臭いとか、爪が痛いから気を付けてとか
言われていたけど、とにかく可愛らしさで舞い上がっていたというのもあって、
ただただ縫いぐるみみたいに可愛い!の一言。

次はもっと注意深くコアラを観察する余裕をもって臨みたいところです。(笑)

ず~とお世話になった飼育員さんが帰り際「ようこそ、ありがとう!」と日本語で話しかけて下さって感激!
しばし手を握り合いながら自己紹介をしました。

シドニー中心部から、電車とバスを乗り継げば旅行者でも来られる場所なので
のんびり、しずかにコアラと触れ合いたい!という方には穴場の動物園です。

私もまたこちらに居る間に、必ず行こうと思っています。
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-06-05 10:30 | Sydney 2015 autumn | Comments(2)
2015年 05月 19日

オペラハウスとハーバーブリッジ!

billsを後にして、バスに乗ってCircular Quay(サーキュラー・キー)にやってきました。
e0187710_9323495.jpg

シドニー湾の埠頭のCircular Quayには、ホテルやレストランが軒を連ね、この日も観光客が沢山。
e0187710_9344767.jpg

まず目に入ってくるのは青空に映えるSydney Harbour Bridgeの見事な姿です。
e0187710_9365029.jpg

アーチ型が美しい!

我が家はどこへ行ってもブログを書いている私が撮影係なので、
いつも夫と娘の写真ばかりで自分の写真がほとんどないのが寂しいのですが、
これは珍しく夫が撮ってくれた娘と私。
e0187710_9371963.jpg

雑誌やテレビでしか見たことのなかった景色は、実際に目の当たりにすると想像以上に壮観でお見事!
しばらくの間飽きることなくゆっくりと眺めていました。

海沿いのカフェには、見事な景色を堪能できる席が沢山用意されていて、素敵です(^^)/
e0187710_93913100.jpg

ハーバーブリッジを左手に眺めながらしばらく進むと、今度はSydney Opera Houseがお目見え。
e0187710_941316.jpg

オーストラリアのシンボルとして有名なこの建物は、
世界遺産の中で最も建築年代が新しい建物なんですって!知らなかった!
e0187710_9414682.jpg

オペラハウスの周りをゆっくり歩いたら、今度は来た道を引き返して、
サーキュラー・キーの入口をさらに通り過ぎ、湾をぐるっと一周、ハーバーブリッジの方へとお散歩。

爽やかな陽気の中、初めての場所をキョロキョロしながら歩くことの楽しさと言ったらない。
旅の醍醐味。目に入る景色のすべてが愛おしい!

行きかう人は皆フレンドリー。
「Hi!」「Hello!」と目配せをしたり、お互いに写真を撮りあったり。(^^)

まだお昼まで少し時間に余裕があったので、
ハーバーブリッジを支える支柱(パイロン)の上まで登って、上からの景色を楽しむことにしました。
e0187710_9423288.jpg

写真の赤く囲ってあるところがPylon Lookout(パイロン展望台)なのですが、
ここへと上がるための入口がすごく分かりづらく、
おまけに持っていた地図がおおざっぱすぎて全然辿りつけず苦労しました。^^;
普通に、支柱の下に入口があって、単純に上に上がればいいというわけではないんです。

やっと辿りついた入口から半信半疑で階段を上がると、ハーバーブリッジの突端に出て、
そこから結構な距離を橋の上を歩いて支柱まで向かいます。

橋を歩くのが高くて怖い!!
歩道の横には電車も車もびゅんびゅん走っていて揺れるので、なんとも恐ろしい。。

高所恐怖症の人には絶対に無理な状況の中、私もなるべく下をみないように進んでいましたが
でも、そんな状況の中でも私をくぎ付けにしたものが!!

パークハイアット・シドニーの、ルーフトップにあるプール♥
e0187710_9433536.jpg

何これ何これ~(^^)/素敵すぎますね!上を見上げると、すぐにハーバーブリッジ!

それまではとにかく怖くて写真を撮る余裕もなかったのに、これは絶対カメラに収めたい!と
恐る恐る橋の端まで寄って(ダジャレか)撮影に成功しました。

財力が許せば、ここに泊ってプールで1日中の~んびり過ごしながらハーバーブリッジを眺めて居たいけど
夢のまた夢だわ。。。(笑)

そして支柱まで歩いたら、今度は支柱の中の階段を結構な段数登って(娘よく頑張った!)
やっと支柱の上の展望台へと到着!

素晴らしい景色が待っていてくれました。(高くて怖いけど~)
e0187710_945412.jpg

e0187710_9475697.jpg

頑張って歩いた甲斐があったな(^^)

そして橋のアーチ型の部分には、命綱をつけてそこを歩いている人たちの姿が!(Bridge climb
e0187710_948295.jpg

ちょうどアーチ型の一番高い部分を渡っている人の姿がわかりますか?

さすがにこれは私は絶対に出来ない。したくないわ~^^;

Pylon Lookout は入場料も係るし、徒歩&階段で辿り着くまで時間もかかりますが
登ってよかったと思える経験ができるので、私はとても気に入りました。お薦めです!

CanberraにはないSydneyの海の景色と、観光地ならではの華やかさはとても楽しくて居心地が良く
私にとって、ハーバーブリッジで過ごしたこの時間は、生涯忘れられない思い出になりそうです。
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-05-19 10:02 | Sydney 2015 autumn | Comments(8)