おマメ日記+plus

hanaaloha2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 13日

cafe time @ Melbourne*

メルボルン滞在2日目は、モーニントン半島のPeninsula Hot Springs()に向かう前に、
中心部から車で30分ほど南にあるカフェに立ち寄りました。
e0187710_115704.jpg

何度も書いているけど、オーストラリアのカフェ文化はすごい!
なんたって、スタバが儲からず撤退しちゃう位ですから、みな自宅近くのお気に入りの行きつけのカフェで、
出勤前に朝食を採ったり、イギリス文化の名残で午前10時にはモーニング・ティーで老若男女カフェタイム。
いつ行っても賑わっているのが、オーストラリアのカフェなんです。

チェーン店のコーヒーより、なじみのバリスタが入れてくれるカフェで1日のスタートを切るほうが
なるほど、どう考えてもいいに決まってる。

そしてあれだけ物価が高い国なのに、なぜかコーヒー一杯のお値段は、どこで飲んでも一杯400円前後。
お料理の値段が高いので、そこでうまくバランスをとっているらしいです。
もちろん日本のお給料でやりくりしている私たちは、だから旅行中以外はもっぱらコーヒーだけ^^;

話がそれましたが、このカフェを選んだのには嬉しい御縁があって、娘の幼稚園で知り合ったママが
「私の大学時代の後輩が、ワーホリに行ったままメルボルンに居ついて、今はバリスタとして働いているから
良かったら立ち寄ってみて!」と教えてくれたのです。

郊外の町の中心部にあるそのカフェは、朝からやっぱり常連さん達で大賑わい。

この日に立ち寄るとは伝えてあったけれど、彼女は仕事に手いっぱい。
元は音大生だったのに、今はメルボルンでバリスタになって長く海外で一人暮らしなんて
どんな女性なんだろう…とあれこれイメージを膨らませていたけれど、
ゆっくり話せなくてごめんなさい~!と現れたその人は、おっとりと可愛らしく
柔らかな印象の女性で意外でした。もちろん、ここまでのオーストラリアでの彼女の生活を想像すると、
よほどの芯の強さがないと乗り越えられないことばかりだったと思うから、ホント尊敬しちゃうな。

彼女が入れてくれたフラットホワイトを飲みながら、これから向かうモーニントン半島の地図を眺めて
楽しいひと時でした。
e0187710_1156089.jpg

地図大好きっ子の娘が現在地を確認中(笑)

オーストラリアでは、子供用のコーヒー、その名もベビチーノという可愛いシロモノがあって
ほとんどのカフェがサービスで提供しているので、フリーか1ドルほどでママと一緒に楽しめます。
もちろん、本当のコーヒーではないんですよ!
温かいミルクの上に、ふわふわのフォームミルクをのせたもの。
カフェによってビスケットがついていたり違いがあるのも楽しい!
ここはマシュマロでした❤
e0187710_11561677.jpg

メルボルンがとても気に入ってバリスタになったけれど、日本に戻るべきなのか、いろんな葛藤があって…
と話してくれたナナさん。一期一会の大切な出会いに感謝。どういう選択をしても、メルボルンでの日々は
彼女の人生の宝物。\(^o^)/
これからのナナさんの選択を応援しています!!
e0187710_1155140.jpg


***

翌日は夫が調べて連れて行ってくれた別のカフェで朝ごはん。
e0187710_11581631.jpg

こちらはメルボルンの街の中心部にあって、スタイリッシュで客層も若く
おしゃれなちょっとスマートな感じのカフェ。
e0187710_11595995.jpg

シンプルなメニューを選びました。
e0187710_11584893.jpg

でもものすごく高い!しつこいようですが。(笑)
オーストラリアを旅行するとなると、日本の物価に慣れ切った身にはかなりつらいものがあると思います^^;
アジアを旅する時のコスパと比べると、やっぱりそっちを選んでしまうかな~。私は。

でも、エスプレッソベースのコーヒーはどのお店も少しぬるめなことをのぞけば(ミルクのせいですよね)
本当に至福の一杯!
e0187710_1201950.jpg

日本に帰ってきて、あちらで飲んだようなコーヒーになかなか出会えないのが寂しいほどです。

こうやって記事を書いていると、オーストラリア中あちこちのカフェで飲んだ一杯一杯の記憶が、
日常時々旅。の思い出と共によみがえってきます。

結構こなれた英語で注文出来た得意げな一杯、夫と喧嘩しながらの怒り狂った一杯(笑)
英語のレッスンで恥をかいて悔しくてあまり味わえなかった一杯。。。

沢山のコーヒーを飲んだけれど、娘を学校に送った帰り道、たまに夫と共に短いモーニングティー(コーヒーですが 笑)
たわいない会話を楽しんだ、日本ではありえない贅沢な時間が一番楽しかったかな♡

もしオーストラリアを旅行する機会があったら、是非、あちらのとびきり美味しいコーヒーと
活気あるそれぞれの街ごとのカフェを楽しんでみてくださいね!
コーヒーの種類も沢山あって旅行者には注文するときに難しいのですが
ブラックな気分の時は「ロングブラック」カフェオレな気分の時は「フラットホワイト」

これが私の向こうでの定番でした。お薦めです(^^)
[PR]

# by hana_aloha2 | 2016-09-13 13:36 | Melbourne&Perth | Trackback | Comments(4)
2016年 04月 09日

I'm home !

e0187710_2221933.jpg

シドニーを発つ前日、お気に入りパブ()に最後のお別れ。
ここのエールが飲めなくなることがひたすら悲しかった~!!至福の一杯、心して飲み干しました。(笑)

***

キャンベラを出発してからちょうど10日後、シドニーとシンガポールの旅を経て
3月28日、1年ぶりの羽田空港に到着しました。

4月はもうすぐそこだというのにものすごく寒い朝で、
早朝着便で眠いし旅疲れもあり、リムジンバスの中では家族で爆睡。
吉祥寺でバスを降り、タクシーに乗り換えたとき、4つあるスーツケースのウチの1つを積み忘れるという
ボケをかまし(あんなに大きな物をねぇ^^;)
せっかく自宅へ到着したというのに、紛失に気付いた瞬間顔面蒼白。

おかげさまで荷物はすぐに手元に戻ったのですが、日本でまず向かった先が警察署だったというオチに
ショックを通り越して笑っちゃった~!^^;

おまけにその日の午後は、すぐに携帯を復活させるためにドコモへと出向いたら4時間も待たされ、
途中お手洗いへ行った時の自分の目の下のクマが恐ろしかった~!
海外暮らしも大変だけど、日本でもなかなか色々大変。。。とげっそりと疲れた日本初日でした。(笑)

それから約2週間経ち、やっと生活も元通りになりつつあります♪
これからまだしばらくは、オーストラリアでのあれこれをこちらで綴っていきますので、
時々は本家ブログのおマメ日記も同時進行で、皆さまどうぞ引き続きお付き合いください!(__)

1ヶ月前はまだキャンベラに「自宅」があったんだなぁと、あっという間にすべてが元通りになってしまった今
やっぱり全部夢だったんじゃないか?とオーストラリアでの日々を思い返しています。
大変だったことも、すっかり日常に戻ってしまうと今更ながら愛おしく・・・人間って贅沢ですよね。

もうすこし夢の余韻に浸りながら、このブログを更新していこうと思います。
[PR]

# by hana_aloha2 | 2016-04-09 22:33 | ご挨拶♪ | Trackback | Comments(10)
2016年 03月 17日

ありがとう。そして、さようなら Canberra!

今Canberraではballoon festivalが開かれていて、自宅からすぐの湖Lake Burley Griffinでは、
早朝、こんなに素晴らしい景色を眺めることができます。
e0187710_2112998.jpg

この湖は、キャンベラの中心でありアイコン。
私にとっても1年間ほぼ毎日眺めていた思い出深い場所です。

バルーンに乗ってキャンベラの景色&朝日を拝むのも素敵ですが、
こうやって下から、空に浮かんだ非日常な風景を眺めるのも贅沢❤
e0187710_2115106.jpg

この湖の住人、黒鳥も、どんな気持ちでこの不思議な空を眺めているのかな?
e0187710_21165288.jpg

娘が一番喜んだのは、このとぼけた感じのバルーン。(笑)
e0187710_21173069.jpg

フクロウ博士?のバルーンもあったよ(^^)/
e0187710_21183430.jpg

シュールな画。
e0187710_21192617.jpg


***

明日18日にキャンベラに別れを告げ、日本に帰国します。 

あっという間だったような、ものすごく長かったような、なんとも表現しにくい感覚。

夫も私も初めての海外暮らし。
始めはお互いまったく余裕がなくて、ブログにかけないようなすさまじい夫婦喧嘩の数々や(笑)
とても笑い飛ばせないような手痛いミス、恥ずかしい失敗の数々。。。

買ってでも苦労してみよう!と意気込んでいたものの、ストレスが原因と思われる体調不良で
自分のキャパシティの狭さを思い知って落ち込んだりね。

でも、その分手に入れたものも大きく、ここに来なければ出会えなかった人達との出会いは
生涯大事にしていきたい大切な宝物です。

このブログを始めた頃にも書きましたが、
「Canberra」とはアボリジニの言葉で、「meeting place」という意味です。

まさにこの言葉の通り、1年間の間に、本当に沢山の人と出会い、楽しい時間を共有しました。
大勢の外国人が住むこの街ならではの贅沢。今までは会ったこともなかった国の人々と
言葉の壁も年齢も性別も職業も超えて、共に笑った時間を一生忘れません。

そして私達が来てしばらくは日本人は誰も居なかったアパートで、
半年を過ぎたころから日本人家族が次々に越してきて、母国から遠く離れた場所で
親戚の様に助け合い、一緒に食べて飲んで、子供たちも仲良し!
有難い御縁に恵まれました。

Canberraの神様からの贈り物に、心からの感謝。

話を元に戻すと、その時のブログに
1年後に何より一番会ってみたいのは「多少の不便も楽しめる、肝の据わった余裕のある大人の女になった自分」だと書きました。

この目標は、どう大目に見てもまったく果たせていません!!(苦笑)

だってね、この1年、今までとまったく違う環境で自分を客観視して、
何か出来ることが増えたなんてことはなく、逆に、
あれも出来ないこれも出来ない、とにかく何にもできない自分を痛感したから…。
42年、私は何をやってきたんだってね。^^;;

でもそんな自分と向き合ってもがいた時間が、帰国後に自分の生活のどこかできっと役に立つ
と開き直って、今は新しく始まる東京での生活にワクワクしています(^^)/

キャンベラを発って、シドニーとシンガポールでゆっくり骨休めをして(バンザ~イ❤)
3月の終わりに日本に戻ります。

東京での生活が落ち着くまで、少しブログをお休みしますが、
しばらくしたらまた再開しますので、どうぞこれからも引き続き宜しくお願いいたします。

東京での桜の開花は間もなくでしょうか?(*^-^*)
今万感の思いでpcに向かいながら、少しづつ秋めいてきたキャンベラを離れる寂しさと
2年ぶりに見られる東京の美しい桜の景色に心躍る気持ちと、思いは行ったり、来たりしています。

今日はもう少し、夜更かししようかな。。。

                                         2016年3月17日   HANA
[PR]

# by hana_aloha2 | 2016-03-17 21:51 | ご挨拶♪ | Trackback | Comments(16)