<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 17日

ありがとう。そして、さようなら Canberra!

今Canberraではballoon festivalが開かれていて、自宅からすぐの湖Lake Burley Griffinでは、
早朝、こんなに素晴らしい景色を眺めることができます。
e0187710_2112998.jpg

この湖は、キャンベラの中心でありアイコン。
私にとっても1年間ほぼ毎日眺めていた思い出深い場所です。

バルーンに乗ってキャンベラの景色&朝日を拝むのも素敵ですが、
こうやって下から、空に浮かんだ非日常な風景を眺めるのも贅沢❤
e0187710_2115106.jpg

この湖の住人、黒鳥も、どんな気持ちでこの不思議な空を眺めているのかな?
e0187710_21165288.jpg

娘が一番喜んだのは、このとぼけた感じのバルーン。(笑)
e0187710_21173069.jpg

フクロウ博士?のバルーンもあったよ(^^)/
e0187710_21183430.jpg

シュールな画。
e0187710_21192617.jpg


***

明日18日にキャンベラに別れを告げ、日本に帰国します。 

あっという間だったような、ものすごく長かったような、なんとも表現しにくい感覚。

夫も私も初めての海外暮らし。
始めはお互いまったく余裕がなくて、ブログにかけないようなすさまじい夫婦喧嘩の数々や(笑)
とても笑い飛ばせないような手痛いミス、恥ずかしい失敗の数々。。。

買ってでも苦労してみよう!と意気込んでいたものの、ストレスが原因と思われる体調不良で
自分のキャパシティの狭さを思い知って落ち込んだりね。

でも、その分手に入れたものも大きく、ここに来なければ出会えなかった人達との出会いは
生涯大事にしていきたい大切な宝物です。

このブログを始めた頃にも書きましたが、
「Canberra」とはアボリジニの言葉で、「meeting place」という意味です。

まさにこの言葉の通り、1年間の間に、本当に沢山の人と出会い、楽しい時間を共有しました。
大勢の外国人が住むこの街ならではの贅沢。今までは会ったこともなかった国の人々と
言葉の壁も年齢も性別も職業も超えて、共に笑った時間を一生忘れません。

そして私達が来てしばらくは日本人は誰も居なかったアパートで、
半年を過ぎたころから日本人家族が次々に越してきて、母国から遠く離れた場所で
親戚の様に助け合い、一緒に食べて飲んで、子供たちも仲良し!
有難い御縁に恵まれました。

Canberraの神様からの贈り物に、心からの感謝。

話を元に戻すと、その時のブログに
1年後に何より一番会ってみたいのは「多少の不便も楽しめる、肝の据わった余裕のある大人の女になった自分」だと書きました。

この目標は、どう大目に見てもまったく果たせていません!!(苦笑)

だってね、この1年、今までとまったく違う環境で自分を客観視して、
何か出来ることが増えたなんてことはなく、逆に、
あれも出来ないこれも出来ない、とにかく何にもできない自分を痛感したから…。
42年、私は何をやってきたんだってね。^^;;

でもそんな自分と向き合ってもがいた時間が、帰国後に自分の生活のどこかできっと役に立つ
と開き直って、今は新しく始まる東京での生活にワクワクしています(^^)/

キャンベラを発って、シドニーとシンガポールでゆっくり骨休めをして(バンザ~イ❤)
3月の終わりに日本に戻ります。

東京での生活が落ち着くまで、少しブログをお休みしますが、
しばらくしたらまた再開しますので、どうぞこれからも引き続き宜しくお願いいたします。

東京での桜の開花は間もなくでしょうか?(*^-^*)
今万感の思いでpcに向かいながら、少しづつ秋めいてきたキャンベラを離れる寂しさと
2年ぶりに見られる東京の美しい桜の景色に心躍る気持ちと、思いは行ったり、来たりしています。

今日はもう少し、夜更かししようかな。。。

                                         2016年3月17日   HANA
[PR]

by hana_aloha2 | 2016-03-17 21:51 | ご挨拶♪ | Comments(16)
2016年 03月 04日

3世代旅行@Sydney その④ Blue Mountains National Park.

++2016年1月の3世代Sydney旅行のレポ、のんびり更新中です。++

滞在3日目は、1日レンタカーを借りてブルーマウンテンズまで出掛けてみました。

2000年に世界自然遺産に登録された国立公園。やはりこの景色はみんなに見てもらいたかった!
私は去年の8月(冬)に訪れて以来の再訪です。

朝食を食べずにホテルを出発して、少々渋滞にはまりながら1時間半強で現地に到着。

シドニーでの不慣れな道&初めての大型の車の運転で、義母は終始「大丈夫か!?」と夫を心配して
手に汗握っていましたが(笑)結果は往復とも何事もなく8人で賑やかに楽しいドライブでした。

まずは遅めの朝ごはんを現地のカフェで。
e0187710_1929656.jpg

外の席に座ると、見事な景色を楽しみながら休憩できます。
こういう場所でも、日本のように混まずに、スムーズに座れるところがオーストラリアの良いところ!

腹ごしらえをしたら、Three Sistersへと向かいました。
e0187710_19322054.jpg

お天気も良く、この日も見事な景色!

気分爽快~!

そしてこの後は、前回ここを訪れた時に気になっていた、赤マルで囲んだ場所まで
徒歩で歩いてみることに!
e0187710_19332820.jpg

3姉妹の長女?(笑)の岩壁までは、徒歩&急階段で辿りつくことができます。
前回この場所から写真を撮っていて、豆粒のような大きさの人影がここにあることに驚いて、
チャンスがあれば次回!と思っていたのです。

狭くて急勾配の階段の上り下りは大変。前を歩く義父を見守りながらゆっくり進みます。
e0187710_19375215.jpg

73歳の身にはかなりの体力を消耗したようですが、良い冥途の土産が出来たと
素晴らしい景色を見て達成感で嬉しそうでした。(笑)
e0187710_19413573.jpg

展望台からこっちを見ている人達と手を振りあって楽しそう。(*^-^*)

ここがゴール、長女の岩壁の窪みです。
e0187710_19402223.jpg

5歳の姪と6歳の娘も自分の足で頑張って辿りつきました。
e0187710_19423076.jpg

何もかもが雄大!いつでもどこでも地面にゴロンと座って楽しめて、東京暮らしとはやっぱり何かが明らかに違うのです。

***

ブルーマウンテンズの後に動物園にも立ち寄る予定だったので、
今回は滞在時間を短くScenic Worldには立ち寄りませんでした。

前回高い入場料を払ってスカイウェイやレイルウェイに乗ってみましたが、短い時間ではもったいないと思ったのでパス。
短時間のブルーマウンテンズ観光なら、私個人としてはThree SistersKings Tablelandの景色を見られれば十分だと思います。

今回残念だったのは、このあと立ち寄ったKings Tablelandが山火事の影響で閉鎖されていて入れなかったこと。
(2016年の2月から再開されたようです!)ここからの景色は本当に絶景なので、両親にも見せてあげたかった。。。

私としてはもう一度断崖絶壁に座って()今度は夏バージョンの写真を撮ろうともくろんでいたのに叶わず残念でした。

ユーカリの木から発散される油分で青く煙る山々。
さすが世界遺産と納得させられる美しい景色は、シドニーに来たら立ち寄ってみる価値ありの場所です。
[PR]

by hana_aloha2 | 2016-03-04 20:42 | Sydney 2016 summer | Comments(2)