おマメ日記+plus

hanaaloha2.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 27日

Cairns Tropical Zoo*

ケアンズ滞在4日目の夜は、Cairns Tropical Zooへとやって来ました(^^)/
e0187710_13173824.jpg

楽しみにしていた夜の動物園♥

こちらのナイトズーはもちろん個人でも参加できるのですが、個人個人で自由に見て回れるものではなく
全員での団体行動で参加型、色々な動物のガイドももちろん英語になるので、
迷ったのですが日本人ガイドさんと一緒の方が楽しめると思い現地ツアーに申し込みました。

口コミでとても評判が良かったどきどき・ツアーズというケアンズのツアー会社のツアー。
直接よりもHISを経由しての方が安かったのでそれで。

夕方6時にホテルまで迎えに来てもらえます。

ガイドさんのヨッシーがこれまたものすごく楽しい人で
この日の参加は我が家の他に、東京からのご家族5人と静岡からの一人旅の青年の計9人。

小人数だったこともあり、動物園へと向かう車中で自己紹介をしたらあっという間になんだか大家族のように仲良くなり
アットホームな雰囲気ですごくラッキーでした!
日本語で話せる人に会えるだけで、なんだか親戚のような気持ちで安心し、嬉しくなる最近の私です。(笑)

午後7時、ケアンズ郊外にある動物園に到着。
本日ナイトズーに参加する他のゲストの方と一緒に、いよいよスタートです!

まずは腹ごしらえ!
e0187710_1322433.jpg

オージービーフやポテト、サラダ、パスタ、そしてケアンズで採れた新鮮なエビが食べ放題!
(1時間なのでせわしないですが^^;)
お味も、イマイチ食事のおいしくないオーストラリアで考えると他のレストランと比べても結構美味しく、
お得感たっぷりでした。

そして酒飲み夫婦には何よりの、ジュース以外にアルコールも飲み放題!!
バーカウンターでビール、ワイン(赤、白、スパークリング)を注文できます。

これまた嬉しいことに同じツアーの皆さん飲兵衛で(笑)
乾杯しておしゃべりして(結婚真近らしい青年の相談にまで乗ってあげた!笑)
写真撮る間もなく楽しい時間でした。(^^)/

そして午後8時、お腹が一杯になったところで動物園の飼育員さんが引率してくれて、
決められたコースを進んでいきます。

夜で写真がちゃんと撮れなかったので、この日見られた動物を覚えている限りですが挙げてみると…

まずは入口でおりこうなオウム。(私たちが食事中、彼も近くでご飯を食べていました。)
e0187710_13243478.jpg

コアラと記念写真。(ここだけ別料金が掛かります。抱っこする人、一人につきA$20)

身長120㎝以下の子供は残念ながら抱っこが出来ず、ギリギリ足りなかった娘。で、代わりに夫が抱っこ。
e0187710_13252157.jpg

皆さんに見て欲しいのは、このコアラ君の顔!ちょっと人相悪すぎじゃね??(爆)

東京の友人達にメールで送ったら、みんな爆笑して楽しんでもらえた模様です。(笑)
人間相手にコアラたちも大変だよね~。お疲れ様!!クールな表情をありがとね。何度見ても笑える1枚です。

オーストラリアならではのポッサム。(綱渡りの芸を披露してくれました。)

昆虫や蝶のお部屋を見学。



夫、蛇を首に巻いてみた!(私には無理^^;)
e0187710_13271882.jpg

ワニに餌をあげる。(辺りが真っ暗な中、なかなか迫力ある食べっぷりで怖い。)

カンガルーに餌をあげる。

カンガルータイムの間に、名前を忘れてしまったのですが、オーストラリアならではのお菓子とお茶がふるまわれました。

そして最後はみんなでパーティー!!

このパーティーがものすごく楽しかったのです。

まずは再びアルコール飲み放題に入り、ワインを飲みながらバンド演奏を楽しみました。
ゲストの子供たちが演奏に参加!
e0187710_13275258.jpg

同じツアーで出会った1歳年下の女の子Jちゃんとすっかり仲良くなって
ナイトズーの間中、動物そっちのけではしゃぎまわって、お姉さん気取りでお世話を焼きまくり
この時も二人で「ハイ!」と元気に手を挙げて前に進み出て、重くて長い、床を叩いて音を出す楽器(アボリジニのかな?)を担当。

すごくいい表情で、非日常な経験を楽しみました。

演奏の後は、今度はゲスト全員でフォークダンス!拒否できません。(笑)

いい歳して…と最初は恥ずかしかったけど、やっているうちに段々楽しくなって
大人と子供、男性と女性、国籍もみんな様々。手を取り合って踊るなんて、私には最高にスペシャルな時間でした。(uu*)

最初は、たかが動物園に随分と高いツアーだなぁ~なんて躊躇したのですが、
経験してみると、全然お値段以上の価値があります!!(ヨッシーさんはじめ、メンバーに恵まれたこともあるかな。)
ケアンズでの過ごし方として、お子様連れのご家族には是非お勧めしたいアトラクションです。

午後10時、お別れはブサカワなウォンバットが見送ってくれますよ♪
e0187710_13315438.jpg

写真だとわかりづらいけど、結構大きくてフサフサしていてと~っても可愛かった!!

娘はJちゃんとお揃いで、記念にウォンバットの縫いぐるみを買いました。

その瞬間から今も、彼にぞっこん!いつも一緒です。
e0187710_13321597.jpg

                                                                  シドニーのトラムにて(^^)/

この子の名前は「トンカ」。男の子です。

娘が自分で飼育員さんに「男の子か女の子どっち?」「お名前はなんですか?」と聞いてきて
(もし英語で質問できたら、縫いぐるみ買ってあげるよ!と交換条件にしたのです。お値段高かったから!笑)
そして自分の縫いぐるみにも、その子と同じ名前を付けました。まさか一人で聞きに行けるとは思わなかったから、びっくり。

娘が抱っこして歩いていると、オージーの皆さんが「Cool ! 」とか「Lovely !」とか沢山褒めてくれます。(笑)

たった数時間でも、子供って格段に成長する!!経験って本当にプライスレスです。
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-08-27 13:56 | Cairns 2015 winter | Trackback | Comments(4)
2015年 08月 21日

Kuranda Scenic Railway*

中断していたケアンズレポの続きです♪  前回の記事(

いよいよスカイレールでKurandaに到着!
e0187710_985767.jpg

クランダは人口約760人の高原の小さな町。

まずはレストランで腹ごしらえ。事前にチェックしていたお店に入りました。(
e0187710_994734.jpg

テラスから熱帯雨林を眺めながらの食事は晴れていたら趣がありましたが、どんより曇り空だとイマイチ^^;
しかもお天気のせいなのか、店内すごく空いていてHPで見た印象と全然違う!(こればっかりだ~!)
何だかさびし~い感じだったのが大誤算。お料理がなかなか美味しかったのが救いでした。

ランチを済ませたらケアンズまで戻る汽車の時間まで町をお散歩しました。

夫の希望でAustralian Butterfly Sanctuaryという蝶の博物館へ。

見ると幸せになれるという青い蝶ユリシス(Ulysses)。
e0187710_9114866.jpg

ケアンズなどの熱帯地区に生息している蝶で、動きがあまりにも早く野生で見ることが難しいそうで
入場料がすごく高いんだけど^^;沢山の人でにぎわっていました。

ユリシスが頭や肩に触ると、更に幸せになれる~!!と
娘は頑張って手を伸ばしたり、呼びかけたりしていたけど(笑)残念ながらそれは叶わず。
e0187710_9162764.jpg

まぁ、見ることはできたので、運をチャージできていたらいいな(^^)/

クランダで唯一お土産に買った手作りのソフトキャンディーは、ケアンズのさとうきびを使ったもので(
e0187710_9504373.jpg

試食も出来てお値段も良心的でお土産にするのにおすすめです。

3時間ほどのクランダ滞在を終えて、15時半、いよいよケアンズへ向けた鉄道に乗車です。

小雨の降る中でも趣のあるクランダの駅。
e0187710_919555.jpg

クランダはかつては鉱山の町で
そこで働く人のために敷かれた鉄道が今は観光用の列車として走っています。
e0187710_92058100.jpg

Kuranda Scenic Railway
ケアンズまで34km、熱帯雨林の山々を眺めながらの1時間45分の旅!
e0187710_9213083.jpg

この鉄道は、「世界の車窓から」のオープニングを10年間勤めていたんだそう。
それを知って、私は今回のケアンズでこの鉄道に乗るのを楽しみにしていました。
(残念ながらその時の映像は探せませんでしたが。。。)

歴史を感じさせる、クラシックな木造の客車は6人掛けのボックス席。
e0187710_9215841.jpg

相席になった方と、シャッターチャンスに譲り合って位置を交代したりも楽しいやりとりでした。

熱帯雨林の山々の雄大な景色と急斜面を流れ落ちる滝。
e0187710_9332426.jpg

e0187710_9223921.jpg

シャッターチャンスの連続でみんな忙しそう。

絶好の撮影ポイントでは、スピードを落として走ってくれるサービスも。(笑)
e0187710_93863.jpg

この眺めは素晴らしかった!
ちゃらっちゃちゃちゃちゃ~らら~??ちゃ~ら~??のイントロが頭の中でグルグル。

10年の歳月をかけ、1500人の人員でつるはしとショベルだけで作った鉄道なのだそうです。

海が見えてきたら、ケアンズに近づいたサイン!
e0187710_944438.jpg

車掌さんが回って来て、記念写真を撮ってくれます。
e0187710_9445650.jpg

この列車の乗務員さんたちは皆すごく親切でアットホーム。
列車の中で飲もうと、発車前にホームの売店でコーヒーを注文したら
マシンの調子が悪いらしく全然出来てこない。

「発車に間に合う?」って聞いたら、「絶対大丈夫。僕たちも乗るんだから!」
…???なんと作ってくれていたのは車掌さんだった!(笑)

本数の少ない列車なので、列車の乗務員さんが手分けしてホームでのお仕事もこなしているようでした。

無事にコーヒーを受けとって歩き始めたら、「ticketを見せて!」と席まで案内してくれて
記念写真まで撮ってくれて、ケアンズに到着したら、彼らもそのままお仕事終了!で帰宅するらしく
(このゆる~い感じがいいですね!)
改札を出たところでホテルまでの道順を地図で確認していた私たちを見つけると
声を掛けてくれて、親切に方向を教えてくれました。

オーストラリアの人達は、本当にみんなとっても親切!!(^^)/

正直、クランダは「ザ観光地!」という感じでお土産物屋が立ち並ぶだけの
これといって見ごたえのある場所ではなかったのですが、この列車には乗る価値はあると思いました。

列車の旅ってやっぱり最高に楽しい!!
それに乗っている時間だけで、もう一つ別の旅が出来ているような、そんな気分にさせてくれます。
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-08-21 10:04 | Cairns 2015 winter | Trackback | Comments(4)
2015年 08月 19日

Blue Mountains National Park.

シドニーから西へ約70キロの場所にある、ブルーマウンテンズ。
e0187710_8472638.jpg

2000年に世界自然遺産に登録された国立公園です。

オーストラリアの東海岸沿いに約4000キロにも渡って連なる山脈の一部で、
キャンベラまでもその峰が続いていると知って驚きました!

シドニーから車で1時間半。
シドニー発着のツアーもありますが、車があれば個人でも問題なく日帰りで散策を楽しめます。

まずは断崖絶壁からの眺めが美しいと聞いたKings Tablelandという場所へ。
e0187710_8491494.jpg

見事な景色が広がっていました。

Blue Mountainsという名前の由来は、沢山のユーカリの木から発散される油分が
太陽の光に反射して青く見えるからなんだそう。

本当に青いんです!神秘的☆

私の写真ではとてもお伝えきれないけれど、この景色はシドニーを訪れたら見ておく価値はあると思います。

たまたま日本人ツアーのグループの皆さんがやって来て、何やら目を瞑ったまま1列で進んできたと思ったら…
e0187710_8501018.jpg

ガイドさんが「ハイ!じゃぁ、クルっと振り返って下さいね!まだ目は開けないで!」
e0187710_8503416.jpg


「ハイ、じゃぁ、せ~の!で開けていいですよ。せ~のっっ!!」
e0187710_8513424.jpg

そしてみんな一斉に大歓声。(^^)/こちらまで、楽しい気分のおすそ分け頂きました。
了解を得て、写真を撮らせていただきました。

そしてこの丸印で囲った場所が、一番鋭く宙に突き出ている部分なのですが…
e0187710_8523521.jpg

ここに座ってみましたよ!(^^)/
e0187710_8524873.jpg

さっきのグループの皆さんが、一人づつ楽しそうに挑戦していたので、せっかくだから記念に私も!

下を見ると吸い込まれそうに深く、車がさかさまに何台か落ちてたり( ゚Д゚)

日本だったらこんな場所に何の柵もないなんて考えられませんよね。(笑)

動き回りたい盛りの小さなお子さんを連れている場合は、ここは絶対来ない方がいいと思います!!
私たちも娘は大人3人でしっかり見守って連れ歩きました。

でも、空にぽっかり浮かんでいるかのような気分は、怖さよりも不思議ととても楽しかったんです。

何度も何度も深呼吸~072.gif

その後は途中のカフェでランチを済ませて、一番のビューポイント、
ブルーマウンテンズの象徴と言われるThree Sistersへと向かいました。
e0187710_8552864.jpg

3つのピークを持つ崖。その名前の由来はアボリジニの伝説、美しい3姉妹のお話から来ています。
e0187710_8572635.jpg

私たちは行けなかったのですが、一番左側のピークまで歩いて行くこともできるよう!
展望台から人の姿が見えました。

雄大な景色と、鬱蒼とした木々の上に映る雲の影が、とても美しかったです。
e0187710_911236.jpg

その後は3つの乗り物に乗って、素晴らしい景色を楽しめるScenic Worldへ。
e0187710_1012461.jpg

ticketは1日有効で乗り放題。そしてウォーキングルートも充実しているので
ここだけでも1日十分楽しめそうでした。

スカイウェイ
e0187710_942278.jpg

中心部分のみ床がガラス張りなのですが、沢山のゲストの足に隠れ&強化ガラスでそれほど透明ではないので(笑)そこはイマイチ。

レイルウェイ
e0187710_95464.jpg

勾配が急で、結構スリリング!

そして写真は撮れなかったのですが、もう一つケーブルウェイと呼ばれるロープウェイからの眺めも素晴らしかったです。

今回は夜にシドニーで食事の予約を入れていたので、帰りの渋滞も考慮して
午後4時前にはブルーマウンテンズを発ったのですが
他にも沢山の見どころがあるので、ブルーマウンテンズに宿をとって散策をしても面白そうでした。

お天気が悪いと、Three Sistersが雨や霧で覆われてしまい、まったく見えないこともあるらしいので、
直前の天気予報をチェックしてから、予定を立てるのがいいと思います。
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-08-19 09:24 | Sydney2015latewinter | Trackback | Comments(2)
2015年 08月 14日

*beautiful days in Sydney!

先週末から今週半ばにかけて、シドニーに出掛けていました。

夫の教え子(20歳の大学生)が東京からシドニーに一人旅に来ていたので
合流して一緒にあちこち出掛けて楽しんで来ました!!

ラグビー大好きな男性陣の今回の一番の目的は、
ラグビーの大一番「ワラビーズ vs オールブラックス」観戦(^^)/
e0187710_9334915.jpg

試合前のイベントから二人で参加し、スター選手にもサインをもらったり
そして試合もワラビーズが奇跡的に勝利を収め、大興奮の夜だったらしい。
その日はシドニーのホテルがどこも満室で、街中にワラビーズのポロシャツを着ている人が沢山(*^-^*)

私もせっかくオーストラリアにいるなら見てみたかったけど、なにしろticket代が高いので
豚に真珠か…と諦めて、
ホテル近くのショッピングモールに入っていたDAISOで娘と爆買いを楽しみました。(笑)
e0187710_9341232.jpg

こちらだとオールA$2.8。
オーストラリアでは考えられない、ハイクオリティー&ロープライス!!
ここでしか入手できないものもあるし、こちらも大興奮のお買い物でした。

翌日は快晴のブルーマウンテンズ散策!
e0187710_9345340.jpg

素晴らしい景色を堪能しました。また別記事でご紹介します!

夜は自分でステーキを焼いて楽しむレストランや…(
e0187710_935114.jpg

私たちお気に入りのパブにも案内して…(
e0187710_9393030.jpg

夫がビールの種類や注文の仕方を教え、お代わりからは自分でカウンターに行って挑戦したり
念願のミートパイも美味しそうに食べてました!
良かった良かった~(^^)/

夫の学校は3年間担任が変わらず持ち上がりで、しかも部活(ラグビー部)でも面倒を見ていた彼は、
その後礼儀正しい好青年へと成長していて、とってもいい奴で可愛かった~(*^-^*)
当時はよく遅刻して夫に叱られていたようですが、
今回は待ち合わせ場所に行くと毎回ちゃんと先に待っていて、夫も「成長したな~」と嬉しそうでした。(笑)

まだまだ家の中ではクールな感じで「親や兄妹とはあまり口を利かない…」なんて言っていたけど
そんなことが信じられない位私たちには人懐っこく、娘と話す時のとっても優しそうな様子は
こっそり彼のお母さんに教えてあげたいくらい!

「初めまして!」と挨拶しようとしたら、「一度お会いしたことがあります。お久しぶりです!」なんて
こちらがうっかり忘れていたことを覚えていてくれたのもポイント高し!(笑)

私のことを、ちゃんと「○○さん」と下の名前で呼び、すっかり懐いてくれて、
旅好きなところ、ビールがめちゃくちゃ好きなところも私好みで(笑)
まったく遠慮せずにものすご~~~く良く食べるところも気持ちよく、
ジャニーズや韓流スターにときめくオバちゃんの気持ちが良く分かった貴重な経験でした。(爆)

「ウチにこんな息子がいたら、私絶対に彼女とか嫁にいじわるしてやるっ!!
おとなしく他の女になんて渡せないもんね~。」ってさすがに冗談のつもりで夫に言ったら
「絶対そうなりそうだよね、、、。ウチは娘で本当に良かった!!」と真顔で安堵されました。^^;

まだハタチ!若いなぁ~(遠い目)

周りの沢山の大人に可愛がってもらって、ますます素敵に成長してね(^^)/

良く笑い、良く歩き、良く食べ、良く飲んだ3日間!

彼の青春時代の思い出に、私たちと共に過ごしたシドニーの休暇の記憶が
ずっとずっと残ってくれたら嬉しいなぁと心から願っています。
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-08-14 10:12 | Sydney2015latewinter | Trackback | Comments(2)
2015年 08月 07日

スカイレールでKurandaへ!

この日は、ケアンズから小旅行。Kuranda(クランダ)に向かいます。

クランダはケアンズの北西30kmに位置する、小さな高原の町。
Kurandaとはアボリジニの言葉で、「熱帯雨林の村」という意味なんだそう。
このクランダに隣接する熱帯雨林は世界自然遺産に登録されています。

車でもケアンズから30分程で行けるのですが、
私たちはゆっくり熱帯雨林の景色を楽しみながら、行きはスカイレールというゴンドラ
そして帰りは鉄道で移動することにしました。

スカイレールの発着駅がケアンズ郊外にあるため、事前にticketを予約しておくと
ホテルまでシャトルバス(無料)が迎えに来てくれます。
e0187710_905772.jpg

                                                                 画像お借りしました。(__)
スカイレールには2種類あって、せっかくだからとアップグレードして、床がガラスのダイヤモンドビュー・ゴンドラに乗ることに(^^)/

いざ出発!!

…が、あいにくこの日は雨でしてん。(爆) 

ちゃんとお天気を確認してから、前日に予約入れたのに~!!何のための床のガラスー!!(笑)

気を取り直して^^;これがダイヤモンドビュー・ゴンドラです!
e0187710_93693.jpg

みんな乗り込むとまず下を確認!(笑)

そこは熱帯雨林というだけあって、雨の景色もまた、趣があるものです。(^^)/
e0187710_935556.jpg

e0187710_941972.jpg

どんどんとかなりの高さまで上がっていくので、案外怖かった~!!
e0187710_96155.jpg

気になるガラスの床はこんな感じです。
e0187710_944677.jpg

e0187710_974737.jpg

鬱蒼と茂った森の木々の「てっぺん」を上から眺めるのってとても不思議で、
やっぱりこれは普通のゴンドラよりも乗りごたえがありました。

場違いなビーサンを履いている私ですが、「ケアンズだ~!夏だ~♪♪」とすっかり浮かれて
これ以外には、真冬のキャンベラから履いてきたUGGと華奢なサンダルしか持っていかなかったのです。^^;
雨の日は特に滑りやすく、ケアンズ市内よりも涼しい場所なので、足をしっかり包む靴を履くことをお薦めします。

クランダまで1時間半の空中散歩。
途中2つの駅に停まり、それぞれの駅にはガイドさんもいて、自由に降りて散策を楽しめるようになっています。

ゴンドラで一緒に乗り合わせたブリスベン近郊に住むご夫妻と仲良くなり
(オージーの皆さんは、本当に気さく!こっちの英語がたどたどしくても一切遠慮せず(笑)あれこれ話しかけてくれます。)
一緒に途中駅で降りて、散歩をしながらお互いに写真を撮りあいました。
ちょうど私たちが帰りに乗る予定のKuranda Scenic Railwayが向こうの山を通りかかって、一緒に大歓声!
e0187710_9111112.jpg

とても絵になる素敵な景色でした。マイナスイオンも一杯吸い込んだ~!!

生憎のお天気と、そのせいで気温も低めで寒いくらいで散策もあまり楽しめず。。。
ちょっと消化不良になってしまったのは残念。

晴れていたらこんな景色が広がったはずなのですが!
e0187710_9162295.jpg

                                                                 画像お借りしました。(__)
もし次があれば、もう1度リベンジしたいな~。(^^)/
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-08-07 09:38 | Cairns 2015 winter | Trackback | Comments(8)
2015年 08月 04日

ホテル選びは難しい~!!

ケアンズでのホテルは、Pullman Cairns International
Pullmanはオーストラリア国内に沢山あるチェーンホテルです。
e0187710_1045585.jpg

ケアンズには遊泳できるビーチがないというのは前回書きましたが、
そのせいなのか?あまりリゾート気分を満喫できるようなホテルがなく(私にとってそれは、心ときめくプールがあるかどうかということ!)
なのでどこもイマイチ決め手に欠け、、、

最後の最後までシャングリラと迷ったのですが(このシャングリラも、古くてあまり評判が良くなかったのです。)
先日シドニーに出掛けた際にハイドパーク近くのプルマンを初めて利用して()、その予約の際にメンバーになっていたので
立地が良いことと、ロビーやプールの雰囲気がリゾート感があって良さそう!というのが最終的な決定打でここに決めたのでした。

お部屋のカテゴリーはPremium Harbour View Room。14階のお部屋でしたが日本式に言うと15階。
e0187710_1052985.jpg

中の様子を一気に!
e0187710_1055195.jpg

e0187710_106872.jpg

e0187710_1074186.jpg

e0187710_108396.jpg

広々していてお部屋自体は使いやすかったですが、写真には映らない部分で古さが否めません。
カーテンのシミやじゅうたんの汚れ、壁やクローゼットの傷などなど。

バスルームも広々でしたが、凸凹&ツルっとしたタイルが個人的に嫌だった。
e0187710_1093337.jpg

e0187710_10104075.jpg

でも、バルコニーからの眺めは爽快でした!
e0187710_10111062.jpg

e0187710_10112221.jpg

目の前のトリニティ湾を一望できます。青い海に白いヨットが爽やか!
e0187710_10124574.jpg

夕方の景色も綺麗でした。
e0187710_10144458.jpg

道の左側はケアンズの中心部。エスプラネードラグーン()まで子供とゆっくり歩いても10分弱。
e0187710_10155491.jpg

朝食付きのプランだったのでバッフェを頂きました。
内容はそこそこかな…
e0187710_10194369.jpg

ネスプレッソが置いてあって、これは嬉しい~!と喜んでいたら、滞在3日目から故障で使えなくなりました。^^;

5つ星とされているので、私も期待しすぎていた部分があったり、実際泊ってみてがっかりしたというのが率直な感想です。
屋外プールもあるのですが、ホテルサイトで見たのとはまるで違う印象で、写真も撮りませんでした。

お部屋の清掃は問題なかったのですが、他の部分でホテル全体がきちんと手入れされている感じがせず、
至る所で古さや適当さが見えます。ジムやサウナもあるのですが、古すぎて放置されてる感じ。誰も利用している様子がありませんでした。
ロビー1階のお手洗いも掃除が行き届いていない!大事よね!ホテルにとってロビーのおトイレって!!

そして最後に…

フロントに日本人女性スタッフがいるのですが、この人が本当に最悪。
ものすごく感じが悪すぎるのです!こちらはいたって普通の質問をしただけなのに、
ケンカを売っているような返しでブスっと返事をされて、こんなホテルマンに会ったのは人生で初めてだよ!と衝撃を受けました。
楽しい旅行中に気分が下がります。
私に衝撃的な対応をした後、次の外国人ゲストには別人のような笑顔で接していた!それにも衝撃。。。^^;同じ日本人なのにどうして??
こんな人を雇う時点で、5つ星失格だ!ホテル自体の印象も悪くなります。

星の評価も当てにはならないな…^^;今回は本当に自分の判断ミスです!

この記事はなんだか不満ばっかりで、読んでいて不愉快になるような方がいたら、本当にごめんなさい。(__)
でも、「この人とは気が合うな~」と私のブログを読んでくださっている方に、
少しでも次の旅の参考になればと思って書いているので、伝えたいと思ったことは率直に書きます!
あくまでも個人の感想だということをご理解くださいね!

私が実際にケアンズに行ってみて、お散歩がてらホテルウォッチングしてみた結果(笑)

DoubleTree by Hilton Hotel Cairns 
Mantra Trilogy 

が、リゾート感にはイマイチかけますが(でも、ケアンズのホテルはどこもそうなんです!)
立地も良く施設も綺麗で全体的なバランスが良さそうな印象を受けました。参考までに(^^)/
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-08-04 10:38 | Cairns 2015 winter | Trackback | Comments(10)