カテゴリ:my little girl( 4 )


2015年 10月 23日

6歳、頑張っています!

先週娘が学校でPrincipal's Awardを貰いました。
e0187710_937497.jpg

2週間に1回開かれる学校集会で毎回何人ずつかが順番に貰える賞なのですが
入学した時からいつか自分も!と楽しみにしていた娘は願いがかなって大喜び(*^-^*)

私も写真を撮りに学校に出掛けて表彰式を見守りました。

校長先生のお話や、その回のホストのクラスのみんなのパフォーマンスなど
当たり前ですが全部英語。
私はいつもほとんど聞き取れないけど^^;娘はもうだいたいのことは理解して
先生のお話にうなずいて手を挙げたりちゃんと反応しているので驚きました。

沢山のローカルのお友達の中で少数派の外国人クラスですが、
みんな本当に偉い!異国で良く頑張っているね(^^)/
自分にはない経験なだけに、どの子もすごいなぁと愛おしくて可愛いです。

そして一番嬉しかったのは、表彰状に書かれていた担任の先生からのコメント。

娘がお友達に対して、いつも優しく声を掛けたり、誰かが困っている時は自分に出来ることを
一所懸命助けてあげる優しい子だと沢山ほめて下さって、親バカながらもつい涙が出ました。

最初は娘自身がクラスになじむのに本当に苦労したので、少しづつ自分の居場所を見つけてからは
新しく入学してくるお友達に対して、自分の経験を活かして娘なりに一生懸命手助けしているようです。

「一人じゃおトイレに行けない~って泣いているから私が毎回一緒に行ってあげるの。
だけど、私が行きたい時にその子は来てくれないんだよ!私だって一人は怖いのにさぁ。。。」
なんて時折ボヤいていますが(笑)

本当にキャンベラでのこの経験は娘のこれからの成長になくてはならないものだったと
感謝の気持ちで一杯です。

***

そしておとといは遠足で国立動物園に出掛けた娘。

カメラを持って行きたい!というので、落としても大丈夫なアウトドア用のものを持たせたら
沢山写真と動画を撮って来てくれました。

以下、娘撮影。(笑)
e0187710_9414462.jpg

左上のライオンさんに、一人ずつトングで挟んだお肉をあげたんだそう。(^^)

帰宅後に、自分の撮った写真を見せながら、遠足の様子を話してくれて、
構図がへんてこりんなものやブレブレのものも沢山ですが
それはそれで可笑しく、写真があると私も遠足の様子が良く分かって面白かったです。

そして下の写真は、担任の先生に撮ってもらった1枚だそう。
e0187710_9432619.jpg

小さなカメを触らせてもらっているところ。
(娘のワキに挟まっているピンク色は、肌身離さず持ち歩いているタヌキの縫いぐるみです 笑)

日本と違って学校が本当に自由で(自己責任ではありますが)
カメラなんて持たせるななんて絶対に言わないし
先生もお忙しいのに娘の要望にちゃんと応えて写真を撮ってくれるし、有難いなぁ~。

当日お迎えに行ったら、クラスのパソコンで早速先生が撮った写真を子供たちみんなでスライドショーで見ていて
続々とお迎えにくる親達も次々に参加して、いろんな国の言葉が飛び交いながら
子供たちの楽しい1日の様子を見ては盛り上がりました。

一人ずつ蛇を抱っこしたり!!ライオン以外にアルパカにも餌をあげたり、
お友達とはしゃいでいる様子が本当に楽しそうでした。

親子共に、こちらでの学校生活を満喫しています!
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-10-23 09:58 | my little girl | Comments(10)
2015年 07月 03日

Term 2 Ends !

今日は娘の学校の2学期最後の日。

明日から、次の学期までの間の2週間のスクールホリデーに入ります。

オーストラリアは4学期制。2月1日が新年度のスタートなので、すでの2つの学期が終了したことになります。
そして学期と学期の間に2週間のホリデーがあり、12月の下旬から1月一杯が長い夏休みになります。

2学期が始まって少したってから入学した娘ですが、今日まで2ヶ月弱。1日も休まず頑張りました。(^^)

クラスに限らず、学校全体でも日本人は彼女だけ。
他のお友達は何人かづつ同じ国のお友達がいるので母国語で話せる環境もあるんだけど、
娘にはそれが出来ないので、我が子ながら本当に良く頑張ったと思います。

「Let's play together!」と友達の輪に頑張って近づいて行っても、
「No、play----!!」
と冷たく追い返され、お外遊びの時間に一人教室に戻ってきてポツンと立っている…と
先生に言われた時には、私も廊下で思わず涙がこぼれました。

やっぱり日本人の子が多く通う学校を選んだ方がよかったのか、自分の選択ミスだったのか…

でも、一月過ぎたころから少しづつ様子が変わってきて、仲良く遊べるお友達も出来、
学校に行きたくないと言わなくなってきました。

本当に良かった!!(^^)/

学校の全校集会で
「I'm from Japan. おはようございます。」
と日本語の挨拶を紹介したり(緊張して最後の方は声が聞こえなくなっちゃってたけど 笑)
英語の歌やダンスをお友達と披露したり。(*^-^*)

この前は個人面談や授業参観もあって、先生も
「She is a good student! Her English skill is getting bettr, and she looks happy in the classroom and playground.」
と言って下さったので、一安心です。

まだ5歳なのに、知らない場所で良く頑張ったね!!

今日はこれから手作り皆勤賞メダルを作って、お迎えに行こうと思います。

娘の通うIEC(Introductory English Centre)には、本当にさまざまな国の子供たちが集まっていて
送り迎えの時間のパパ、ママ達との会話も楽しいです!

こちらでは学校でのパパ率がすごく高くて、最近はホンジュラスから来たお友達のパパと
仲良くなり、会うと向こうは「こんにちは!」私は「オラ~!」(ホンジュラスの公用語はスペイン語)
と言い合って楽しんでいます。(笑)

公立の学校なのに、こんなに手厚く外国人に英語教育をしてくれる
IECという独自のクラスを持っているACT(オーストラリア首都特別地域)に来られたことをつくづく感謝しています。

久しぶりの日本人生徒のために、クラスの扉に「ようこそ」の日本語が貼られました。(*^-^*)
e0187710_10464719.jpg

ホリデーでたっぷり充電して、3学期も頑張ろうね!オチビさん(^^)/
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-07-03 10:56 | my little girl | Comments(10)
2015年 05月 25日

頑張れ!!

e0187710_9402666.jpg

娘の学校生活がスタートして、今日から3週目に入りました。
制服を着て、今朝学校の前でパチリ。

地元の公立小学校のIEC(Introductory English Centre)
英語が母国語でない子供のためのクラスで、日本人はウチの娘だけ。

キャンベラには日本人が多く通っている公立小学校もあるんだけれど(日本人学校はありません)
そこだと自宅から少し遠く、そしてせっかくなら日本人以外のお友達を沢山作って欲しいという私の思いもあって、
家から一番近くの、IECのある小学校を選びました。

同じクラスの他のお友達は中国、ベトナム、インド、トルコ、イラク、パキスタン、インドネシア…と
本当に多国籍で面白いです。

娘は日本なら今は幼稚園年長さんの学年になりますが、
オーストラリアだとPrimary Schoolの1番小さなクラス=year K(kindy)の学年にあたり
なんだか一つ飛び級したように、大きなお兄さん、お姉さんのいる学校で学ぶことになります。

こちらに来る前に、マンツーマンの英会話のレッスンに週1回1年と少しの間通っていましたが
会話は挨拶程度しかまだ話せないし(リスニングの方が少し出来る)
東京で沢山のお友達に囲まれて楽しく過ごしていた環境が激変。

5歳児には試練の冬を迎えています。

毎日「今日はどうだった~!?」と聞くと(あんまり根掘り葉掘り聞くな!と夫に言われるけど、やっぱり心配^^;)
とっても楽しそうでもう大丈夫かな~(^^)と感じる日もあれば、一転、ものすごく心配になるようなことばっかり言う日もあるし
今日のように月曜日の朝は「あ~ぁ、また学校ってめんどくさいなぁ・・・」なんて
生まれてこの方、そういう場所が大好きで、そんなことを言ったことがなく、
どこへ送って行っても、親を振り返りもせずに入って行ってしまったことを思うと、なんだか可哀想になっちゃうけど…

頑張れ!どうか逞しく成長してね!!

東京の幼稚園はモンテッソーリ教育のとても躾に厳しい園で、
そこで慣れた娘の感覚だと、こちらの学校のゆるさにびっくり仰天なことも沢山のようで
みんながお菓子を持ってきて校庭で食べてる、とか、一緒にトイレに行ったら、お友達が手を洗わないの。とか(笑)
ランチの時間なのにテーブルが粘土で汚くて嫌だ。。。とか
(日本の幼稚園では、お当番さんがきちんとテーブルを整えて、季節のお花まで飾って、いただきます。だった!)

でも、今の時期に、いろんな国のいろんな人達のいろんな感覚を知ることは、きっとすごく大事なことだと思うので
カルチャーショックに負けず、多少のことは気にしない!なおおらかな子に育って欲しいな~と願っています。(^^)/
(私も夫も全然そうじゃなく、神経質で潔癖症なところが多々ある故、反面教師にしてね、と娘には願う。笑)

2週間が過ぎて、家の中でルー大柴みたいに英単語を良く使うようになり(笑)
発音がたまにびっくりするくらいきれいになりました。子供ってやっぱり耳がいいんだなぁ。

そしてお迎えに行くと、最後の先生からのお話を聞きながら、ランチで食べ残したおにぎりをむしゃむしゃ食べて居たり
(そういうことがこちらでは全く自由なのです!)お友達がくれた人参スティックをポリポリかじっていたり
(ウサギか!)で面白いです。

娘にとって、将来楽しい記憶として残る学校生活になるように、私も日々いろんな感情を抱えながら、奮闘中です。
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-05-25 10:30 | my little girl | Comments(8)
2015年 05月 11日

Happy Mother's Day!

昨日は母の日でした。

キャンベラでもスーパーには可愛らしいお花のアレンジメントやカード、プレゼントコーナーが出来ていて
世界共通のイベントなんだなぁ~と驚きました。

今年は私も初めて娘から直筆のカードをもらって、なんだか娘が生まれてから初めて
「母の日」らしい1日を過ごしました。感慨深いです。
e0187710_92868.jpg

この前シドニーに行ったときに、夫と相談したらしく、
「カードだけでいいんじゃない?」と抵抗した夫を説得し、
「絶対にプレゼントもあげたい!!」と言ってくれたそうで(笑)
「ママ、何が欲しい~!?キャンベラだとあんまり売っていないから、
シドニーで買っていった方がいいよ!」とすっかり一丁前なことを言うので、有難くUGGをリクエスト。

日本では私が家計を管理していたので、ある程度自由に使える分
プレゼントってもらったことがなかったんだけど、こちらではすべて夫に任せて節約生活なので
(物価高故、浪費家の私が管理していたら間違いなく破産すると判断しました^^;)
こういう風に何かプレゼントしてもらうのって、しみじみ嬉しいなぁ♪ありがとう!

そして娘は、今日からいよいよ学校に通い始めました。
東京の幼稚園を3学期までで退園してから約2ヶ月。

「おトイレに行きたい時、英語が分からなかったら日本語で言ってもいいの?」と
朝いくつか質問されたけれど、他は特に緊張した感じもなく、びっくりする位肝が据わっていて
朝送って行った時も、すんなりと言葉の通じない先生とお友達の輪の中に入って遊び始めました。

子供ってすごい!!
どうかこの調子で少しづつ慣れて、お友達が出来るといいなぁ!!

私も久しぶりに娘のいない午前中を過ごし、なんだか手持無沙汰でかえって落ち着きませんが(笑)
貴重な一人時間を有意義に過ごせるように色々動き出さなくちゃね!!

小さな娘の成長ぶりに励まされて、
夫も私も慣れない暮らしの中で頑張れているんだなぁと実感しています。
[PR]

by hana_aloha2 | 2015-05-11 09:51 | my little girl | Comments(10)