おマメ日記+plus

hanaaloha2.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 26日

Kimの家*

久しぶりの更新です。
オーストラリアキャンベラで過ごした日々のことを、ゆるゆると綴っています。
e0187710_112422100.jpg

気がつけば、あっという間に帰国して1年が過ぎました。
暮らしているときには無我夢中で大変だとしか思えなかった向こうでの暮らしのすべてが
振り返るとすべていとおしく…♡♡

帰国前の1ヶ月は、最後に会っておきたい人達とのパーティーが続きました。
この日は、娘の学校で知り合ったベトナム人ママが、娘とホームステイしているお宅へお呼ばれ。

前にもこのブログで、ベトナム人の仲良しの家族との話を書きましたが、
その家族とはまた別の友人です。
そして、来月、大学時代の男友達がハノイに移住することになり、今壮行会の準備を進めているところ
なのですが、なんだか未だ行ったことのないベトナムとの縁がものすごくて!!(笑)
しかも、キャンベラで仲良くなった友人達もみなハノイ出身。

これは、運命に導かれて、近々必ずハノイを訪問することになるだろうと今から楽しみです!!(◍•ᴗ•◍)

話がそれてしまいましたが・・・

ママ友Thuongの住むアパートのオーナーKimは、ご家族が独立して一人暮らしになった広い家を
貸し出して、まるで家族のように暮らしています。

年齢は70代後半くらいかな。もと大学の先生だったそうですが、今はすっかり優しいおじいちゃん。
Thuongとその娘、ウチの娘と大の仲良しのChucを孫のようにかわいがり
3世代の本当の家族のように自然な暮らし。こんな生活もあるんだと、それだけでカルチャーショック。

初めて会った私たちを歓迎してくれて、挨拶もそこそこにいきなりキッチンに招き入れてくれました。

「一緒に春巻きを包もう!」

↓  ↓  ↓






e0187710_11244643.jpg

e0187710_11245717.jpg

Thuongと一緒に何度も作ったことがあるというKimに教えてもらいながら、夫婦で英語と春巻き包みに苦戦。(笑)
私たちが包んだ春巻きを、料理上手のThuongが次々と揚げていきます。
e0187710_11251093.jpg

キッチンに漂う、いい香り~★

娘はChucとゲラゲラ笑いながら、Kimの家の広い庭を駆け回ったり、ゲームをしたり。

Chucが初めて娘のクラスに転校して来た日から、不思議に波長が合うのか言葉の壁を越えてじゃれ合って。
ハノイと東京で生まれた同級生がキャンベラで出会う。うれしいご縁に、感謝してもしきれません。

お料理の準備が整ったら、テラスの虹色のパラソルの下で、パーティーの始まりです。
もう一人の居候、Maryも加わって乾杯~!!
e0187710_11253288.jpg

オーストラリア人のMaryは大の旅好きで、若い頃から長旅をしてはそこで英語を教えて数年暮らし、、、
という生活をしていて、ここしばらくはキャンベラに落ち着いて教師をしているのだそう。
去年は愛知の蒲郡に1ヶ月ほど滞在して藍染めをしてきたのよ。美しい町だった。と言われ
どんだけマニアックなんだー!!と尊敬の念しか沸きません。
e0187710_11255448.jpg

すっかりほろ酔いになったころに、Thuongが運んできてくれた牛肉のフォーも絶品!
e0187710_1126490.jpg

食後はお庭を散策しながら東屋でフットボールゲームをしたり。
e0187710_11281276.jpg

e0187710_11282364.jpg

デザートは私が作っていったバナナケーキに、Kimが年季の入ったこだわりのマシンで淹れてくれたフラットホワイト。
e0187710_11262869.jpg

e0187710_11264525.jpg

夏の終わり、キラキラとした日差しが降り注ぐ気持ちの良い1日。

素敵な出会いと楽しいおしゃべりに、Canberraという街がmeeting place というアボリジニの言葉の意味をもつことを思い出しました。


***


Thuongは今、大学で博士号を取るために勉強中で、、、

娘の学校で初めて話した日、「ご主人のお仕事でキャンベラに来たの?」と聞いた私に
実は。。。と、数年前にご主人を病気で亡くし、これからの娘との暮らしを見つめ直して再出発するために、
環境を変えて勉強し直しにこっちの大学に来たの。とのこと。

たぶん私よりも若いThuongが未亡人だなんて、言葉を失いました。
コロンビア大学ですでに修士を終了してる才媛。
私にできる限り力になりたいと思い、短い期間でしたが彼女が勉強で忙しい時にはChucを我が家で預かったり。

そして、そんなご縁がきっかけで、私たちが1年間キャンベラで乗っていた車は、
ちょうど車を欲しがっていた彼女が買い取ってくれることになりました。

日本では販売していないToyotaのAurion。
向こうでの思い出が沢山詰まったこの車を、彼女が今もCanberraで乗っていてくれることが
心から嬉しい!!

引き渡しの日、車の前で記念写真。みんなのいい笑顔!出せなくで残念です。(笑)
e0187710_11274759.jpg

いつか、ハノイ、東京、Canberra、あるいはまったく別の国で、再会できることを願って。

長々と読んでくださり、ありがとうございました。(uu*)
[PR]

by hana_aloha2 | 2017-04-26 11:50 | 日々の暮らし | Comments(2)
Commented by umi_bari at 2017-04-26 21:14
hanaさん、キャンベラでの想い出は一生の
宝物ですね、夢にいっぱいでてくるでしょうね、
出会った方はこれからも大切な友人になりましたね、
バグースです。
これからも、振り返りをお願いしますね。
Commented by hana_aloha2 at 2017-07-04 11:45
アラックさん★
お返事遅すぎて、本当に申し訳ないです!!

今東京でキャンベラのことを思い返すと
本当に夢の中の出来事のようです。
出会えた人達に感謝して、ご縁をつなげていきたいです。
でも、英語をどんどん忘れて、メールの返信に四苦八苦。
正直つらいです~(笑)


     THE BOATHOUSE B... >>